Neko

*in my Life Ⅱ 2007年02月15日
FC2ブログ
日頃のMARIAワールドを気ままに気まぐれに..
Lovers Rainy Night....
2007-02-15 Thu 00:45

20070215-1


こんな雨の夜にはあれやこれやと思い出してしまう...。



この日は雨…どしゃぶりのYokohama。
せっかく2年半ぶりのコンサートツアーだと思ってお洒落したのに、
この雨で台無しになっちゃうと思うと少し哀しくなる。

私の方から半ば強引にこのコンサートに誘ったのに、
あいかわらず優しい笑顔で私を待っていてくれたキミ。

雨で憂鬱だった私の気持ちが少しずつ晴れやかになってくる。
歩けないくらいの刺さりそうな直線の雨...

キミとは考えてみればコンサートに出かけるなんていう、
こんなデートははじめて。

会場のホールへ足を踏み入れると、
ステージはホテルの一室を再現した創り。
白くて高い柱にドレープのカーテン。
エロティックな薄紫のラインティング。
そして白の二人掛けのソファー...

“あなたの隣には誰が座るの?”

階段上のスクリーンに映し出された『Shh...』の文字。
私たちの「もう何も言わないで...」の時間の始まり。

綺麗なだけではいられなかった、
素直なだけでいられなかった、
人間として、オンナとして持ち合わせている、
自分のいやらしさみたいなもの...。
矛盾してたり不条理な私に、
詞や音となってどんどんにぶつかってくる。

あの夜と同じように降る雨の音。
あの夜の階段越しでのいきなりのKiss。
あの夜に飲んだカクテルの名前。
あの夜ふたりで眺めた湖の波動。

いまでも忘れていない指が記憶してる電話番号...。

恋も音楽も数量化して計ることが出来ない。
そのまま流れ去ってしまうものだから、
たまには少し立ち止まってみたくなる。
思い出してみたくなる。

Shh...cretな一室をチェックアウトすると
Yokohamaの夜空には微笑みが。

満ち足りた満足感と“終わってしまった”
という寂しさを感じてる私に。

「帰りになにか飲んで帰ろうか?」

大好きなヴォーカリストが満たしたくれた時間に、
キミがまた満ち足りた時間を提供してくれる。

人気のないアスファルト。
お酒が適度に入ってる私に、
「大丈夫か?」と差し出してくれるしなやかな手。

ぬくもりと雨上がりの湿気に包まれて私は幸せな夜だった。



いい季節だった。
そんなに時間が経ってるように思えないのに、

実際はこんなに経過しちゃってる...。


スポンサーサイト



別窓 | *Shh..cret | コメント:0 | トラックバック:0 |
| *in my Life Ⅱ |