Neko

*in my Life Ⅱ 両親の入院してる病院。
FC2ブログ
日頃のMARIAワールドを気ままに気まぐれに..
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
両親の入院してる病院。
2012-05-17 Thu 14:01
病院の館内全体がリニューアルされて、
シティホテルのように綺麗です。

子供の頃から結婚する前までゎ私も気管支喘息で、
この病院にお世話になっていたんだけど、
今ゎその面影も全然なく..。

20120517-1

20120517-2

20120517-3

こちら母が入院してる外科病棟のロビー。
綺麗だけど誰もいなくてひっそりしてる..。


病室の中も木目調のインテリア、
ネットが出来るモニターがあったりもして、
病院特有の雰囲気の暗さみたいなものゎなっしんぐ。

手術の時などもいろんな配慮があって、
手術患者さんのストレスを少しでも減らすために、
手術室の壁面が美しい風景や花の写真でデザインされていたり、
手術前日に手術担当の看護師さんが病室に来てくれて、
身体のコンディションと同時に手術する患者の好みの音楽と香りを聞いて、
手術室内に有線放送を流しアロマも焚いてくれるとか..。

な..なんか手術というより“エステ”?みたいw

もちろん、それゎそれで素晴らしいことなんだけど、
以前から地域密着型で親しみのあったこの病院。

昔ゎこんな綺麗な病院ぢゃなかったけど、
私が夜中に喘息発作を起こした時なんかゎ、
夜中でもすぐ受け入れてくれてスムーズに的確な処置を施してくれたけど、
今ゎどぉなんだろ..?
病院のサイトにゎ“夜間でも受け入れます”の文字が見当たりません。

それに手術前の音楽やアロマも不安な時間ゎ、
麻酔をかけちゃえば寝ちゃうんだからあんまり必要もないかな..?
なんて思ってしまうのゎ、
私の神経が図太いからか?w

でもお年を召した患者さんだったら「お好みのアロマ」なんて聞かれたって
よくわかんないんよね..?

それよりも手術前のドクターや看護師さんなんかのあたたかい言葉やフォローで、
患者ゎ安心して手術を受けられるんじゃないかと。

ほとんどのドクターや看護師さんゎいい方ばかりだったけど..。

...

母の手術から1、2日後。
母が歩けるようになってから、
父が入院してる内科病棟へ父の様子を見に行ったら、
父は病室におらずナースステーション横の機械室?ような部屋の床に、
ベッドマットだけを敷いたところに寝かされていたそうです。

ある看護師曰く、暴れるし騒ぐので目の届くところに寝かせてるとの事。

そういう状況でゎもちろん仕方がないんだけど、
「おたくのところばかり看てる訳にはいかないから、
どこか他に施設のようなところを探してくれません?こっちも忙しいんで!」

と嫌な口調で言われてしまったそう。

もちろん大変お世話になってしまっているのはわかっています。

ただ母も手術して数日しか経ってないし、
父の病状が思わしくなくて入院してるのにも関わらず、
「どっかやってくれ!」みたいな事を言われると、
その看護師の言葉にむかついたって。

病院の建物をいっくら綺麗にしても、
こんな看護師がいる限りいい病院なんてありえないんじゃないか?

あ。
もちろん優しい看護師さんが大部分だったんだけどね。


そんな父ゎ母が退院して数日後退院させ自宅療養。
でもそんな父が退院して20数日後..。

あっけなく肺炎で亡くなりました。
スポンサーサイト

別窓 | *Life | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<祖母の入院 | *in my Life Ⅱ | 3人入院;>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| *in my Life Ⅱ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。